MENU

【博品館劇場】座席からの見え方、劇場内・劇場周辺情報について徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

オタク歴30年のひかりが、様々なコンサート会場や劇場についてオタク目線で考察。

この会場初めて行くけど、見え方はどうなんだろう?

初めて訪れる会場では、気になることも多いと思います。

客席からの見え方、劇場・会場内の雰囲気、会場周辺の様子やアクセス、周辺のおすすめホテルなど…
会場を利用する方におすすめ・お得な情報を実際に利用したオタク目線でお伝えします。

今回は東京都にある「博品館劇場」です。

この記事を読むとわかること
  • 客席からの見え方、会場内の様子
  • 会場周辺の様子やおすすめの過ごし方
  • おすすめの宿泊エリア、アクセス方法など
この記事を書いている人

オタク歴30年、これまで歌手・アイドル・歌舞伎俳優など様々な推し活を経験。

多い年は年間60公演以上のコンサート・舞台を観劇。北海道から福岡まで全国の会場・劇場に通っています。

ひかりと申します
目次

「博品館劇場」について

銀座 博品館劇場
東京都中央区銀座8-8-11 
公式ホームページ

おもちゃ屋の中にある劇場です。

客席について

キャパ・客席情報

  • 座席数:381席
  • 1階席のみ

ステージが低いので前列でも前の人の頭が被る

前列から段差がありますが、ステージの高さが低いため5・6列目あたりでもステージに役者さんがしゃがんでしまうと見えなくなってしまいます。

縦長の座席配置

左右の端の席でも見切れることはありませんでした。
前4列の左右の席は、少し内側に座席自体が向いていおり、前列の左右列でも横を向いて観劇しなくても大丈夫なので快適です。

ステージと客席がとても近く、手を伸ばせば届きそうな距離感。そのため、前列は臨場感があり、お芝居に入り込める会場です。

足元の隙間に注意

足元に段差の隙間があるので、荷物が置きにくかったです。

座席については若干固めの席なので、お尻が痛くなりやすい人は少し注意が必要です。

[私が観劇した席]

6列サイド

前の人の頭が被る位置で役者さんがステージ上に座り込んでしまうと全く見えませんでした。
距離感はとても近いので双眼鏡は不要でした。

12列センターブロック

前の方との被りが大きくなるので、部分的に全く見えなくなります。
この距離でも肉眼で表情まではっきり見えたので、双眼鏡はステージが暗くなった時や奥の方にいる時に少し覗く程度で十分でした。

15列目くらいまでは双眼鏡なしで細かな表情まで楽しめる劇場です。

おすすめの双眼鏡

双眼鏡をもし使用する場合は、倍率8~10倍で十分です。

私は10倍を使用しましたが、中列程度で表情や肌の状態まで細かくみるには問題なく使用できました。大きくなりすぎて全身は入りません。
大きな会場ではないため、後列でも倍率8倍で大丈夫です。

おすすめの双眼鏡については以下の記事をご覧ください。
【オタクがおすすめ】舞台・コンサートで最適な双眼鏡

その他劇場内について

入場するためのエレベーターの混雑に注意

「博品館劇場」はおもちゃ屋さんやレストランのある「博品館」の8階にあります。

エレベーターもしくは階段で上がるので、開演時間近くなるとエレベーター前に列ができることがあります。
大きくない劇場ですがエレベーター1基で上がるため、公演によっては開演時間近くなると外に5~10分程度並ぶこともあります。

トイレに並びたい・グッズを購入したい場合などは、少し早めの入場をおすすめします。

開演時間前はエレベーターが劇場のある8階に止まらないため、ロビーに入ることもできません。
⇒早く到着してもゆっくりできません。
 開場時間に合わせて劇場に向かいましょう。

トイレは少なめ・ロビーは狭め

座席数が多くないため、ロビーやトイレがすごく混雑するということは少ないです。

しかし、劇場は建物の8階にあるので、全体にこじんまりとしています。劇場内のトイレは少ないので、外で済ませてからくることをおすすめします。

パウダールームは無く、ゆっくりお化粧は難しいです。

公演によってはドリンクの販売はありますが、ロビーが狭く、基本的に座席での飲食は出来ません。

グッズの購入をする予定がないときは、私はぎりぎりの時間に入場したい劇場です。

劇場周辺について

劇場へのアクセス

最寄駅からのアクセス

  • 「銀座駅」A2出口より徒歩5分
  • 「新橋駅」JR銀座口より徒歩3分、銀座線出口1より徒歩3分
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次